有馬扶美(ありま ふみ)
あぁとstyle 代表

インテリアコーディネーター
整理収納アドバイザー1級
福祉住環境コーディネーター
保育士・整理収納教育士認定講師
栄養環境コーディネーター認定講師
インテリアセンストレーナー認定講師
福祉用具専門相談員
インテリアコーディネーター協会関西 正会員
兵庫県ヘリテージマネジャー15期

 

 子どもの頃からの夢であった幼稚園教諭を経て専業主婦になり、居心地の良い住まいにするためのインテリアを考えたり、模様替えや簡単なDIYを楽しむ十数年を過ごし、その後、母のために行った住宅改修がきっかけとなりこの仕事を始めました。

 子どもから高齢者の方々まで一番長い時間を過ごす家を、快適にストレスなしで暮らせる、そして好きな空間で過ごせることが出来たらと、リフォームやインテリア、整理収納をトータルで提案させて頂いてきました。

 仕事の中で一番好きな時間は、お客様のお望みや思いをお聞きする時間です。
お話の中にその方の人生や経験がいっぱい詰まっていて、その話から提案につながり、形となっていきます。

 私にとってICはお客様の思いを大工さんや職人さんに届ける仕事。また、人と人をつなげ、モノとのコーディネートする仕事だと思っています。それだけに、完成した時にお客様と喜びを共に出来ることがとても嬉しい瞬間です。

 インテリアに整理収納を取り入れたのは、まずはお持ちのモノの数量と収納のバランスですが、何よりもお客様が必要とするモノ、好きなモノを選び取る考えが大切だと考えたからです。心地よい暮らしをするためには、自分の好きがつまった空間で暮らすことだと考えています。

 2020年、兵庫県ヘリテージマネージャーという資格を取りました。ヘリテージマネージャーとは(地域歴史文化遺産保全活用推進員)とは、地域に眠る歴史文化遺産を発見し、保存し、活用して、地域づくりに活かす能力を持った人材のことですが、インテリアでいうと自分にとって価値ある家具や照明器具を修理して使う、食器や道具類を活かして使うということにつながるのではないかと考え取り組んでいます。

 人生100年時代に入った今、「健康でこそ、自宅で楽しめる暮らしがある」と思い、食の環境を整える事も大切な事だと考えるようになりました。幼児期から「食べる力」を身に付け、成人してからも一生涯健康でいられるように、栄養と生活習慣を整える正しい知識を伝える活動も始めております。  

メディア掲載